iPhone修理横浜で利用するときの業者

iPhone修理横浜で業者に依頼する場合、正規店以外に非正規修理店を利用する方も多いです。これはメーカーの認定を受けてない街中にある修理店のことで、パーツは純正品相当のものを使い修理箇所だけを修理するので低価格でサービスを受けられるのがメリットです。正規店だと中身を丸ごと交換するためデータがすべて消えてしまいますが、非正規店だと壊れている個所だけ行うので本体のデータは消えにくいです。正規店よりもiPhone修理横浜にある非正規店の方が価格も安くなることが多く、特にAppleCare+に加入してないと代金が30、000円以上かかることが殆どで非正規店だと修理代も抑えられます。

その場で行うので早いと15分から即日で完了するため急いでいるときにも便利です。正規店とは系列が違うので加入しているから代金を安くすることは出来ず、純正相当のパーツを使うので信頼性は多少落ちます。また、iPhone修理横浜にある非正規店で修理をすると正規店の保証対象外になり、今後は保証対象外になります。価格を少しでも抑えるために店の内装や外観にお金をかけてないことが大変多く、例えば路面店や大きなビルにあるお店は少なくて大体は雑居ビルに入ってます。

ただ、どの場所に店を構えていても技術とは関係はないので、お店に入りにくいかもしれませんが気にしないで相談したほうがいいです。また、出張修理専門だと店舗がなく技術職なのでスーツを着ている人は少なくて、大体は私服やエプロンなどで接客してます。技術や部品の品質が低いと直しても反応が鈍いという起きることもあり、これも正規店だと技術は当然ですが高いレベルです。ただ、イレギュラーな対応は不可でパーツだけでなく本体ごとの交換になることが主で、本体にデータを残すことが出来ませんし価格も30、000円を超えることが少なくありません。

非正規店だと修理業者の間でマニュアルが作成されていて、基準に沿って修理をするので技術はある程度担保されてます。友達や知人からの紹介で来店する人が重要な顧客獲得の方法なので、良い評判を保つことが営業を続けるうえで大事であまりひどい店は殆どありません。パーツは純正品ではないですがほぼ純正レベルのものが使われてます。さらに修理後の無料保証の設定もあって粗悪な部品を使っていると、アフターケアが増えるので部品の品質管理も行ってます。

実際に利用した人も、非正規店でも依頼してから問題なく使えている人は多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *