こんな時はiPhone修理横浜

iPhoneを使っていたら、手から床に落としてしまうことを落下事故といいます。ケースをつけていれば、落としても大丈夫なことはあるとはいえ注意が必要です。なぜなら、iPhoneは掌に収まる小さなアイテムとはいえ精密機器だからです。もし、落下事故の後に動きがおかしいと感じた時はすぐにiPhone修理横浜で点検してもらうようにしてください。

液晶の部分に傷がついてしまった時は、液晶画面を交換する修理を依頼することも可能です。iPhoneを落としたのが水の中なら、水没事故と呼ばれます。水没の場合は特に注意が必要で、中に少しでも水が入ったらかなりの確率で故障してしまいます。水没した時はすぐに電源を切って、iPhone修理横浜に持っていくようにしてください。

内部に水が入ってしまった時は、即日ではなく何日間か修理にかかることも珍しくありません。何日もかかる時は、代替え機がレンタルできないか聞いておくと安心です。上に乗ってしまい、液晶画面を割ってしまう事故もよくあります。液晶が割れた時は、iPhone修理横浜で液晶画面だけを交換する修理がお勧めです。

交換するだけなので、修理にかかる時間も長くありません。と言っても、店に在庫がない場合もあるので事前に機種を伝えて液晶画面が店頭にあるか確認しておくと安心です。割れたまま使っている人もいますが、内部に影響している可能性も低くないのでなるべくは専門店で点検してもらうことをお勧めします。iPhone修理横浜では、古くなったバッテリーの交換も依頼することが可能です。

バッテリーは使い続けていると、充電しても持ち時間が短くなる傾向があります。交換しただけで、購入した時のようにiPhoneが使えるという人も珍しくありません。新品なら2年程度使っていると、バッテリーを交換したいという人が増えてきます。簡単な作業ですが、個人で勝手に入れ替えることはできないので注意してください。

バッテリー問題以外の落下事故や水没事故といった問題は、ある程度対策することで避けることも可能です。iPhone修理横浜があるとはいえ、対策をとることを忘れないようにしてください。まず、液晶画面に専用保護シートを貼ってみるだけでも画面の強度がかなり変わります。衝撃を吸収するような素材のカバーを使えば、落下事故があってもiPhoneをカバーが守ってくれます。

修理は可能なiPhoneですが、なるべく壊れないように対策することも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *