iPhone修理横浜の非正規店の特徴

iPhone修理横浜の非正規店の特徴は、基本的にデータのリセットはしないで必要な部分だけ修理を行います。正規店だと全体の不具合の確認のためにも一回リセットしてから、機能を有効にしないと渡せないようです。費用に関しても非正規店の方が安いですが、これも修理に内容によって違い高くなることもあります。正規店だと修理をしないと正確な金額がわかりませんが、非正規店だと最初に代金が提示されているので予算の都合が付きやすいのも特徴です。

正規店だと待ち時間が長く大体は即日対応は出来ませんが、iPhone修理横浜の非正規店だと電話予約なしでも持ち込みが可能で内容によって即日で直すことも出来ます。予約の電話などをすると待ち時間の目安もわかり、飛込依頼でも簡単なものなら30分から2時間ぐらいです。注意点としてメーカー保証の対象外になることで、単純に蓋を開けて閉めた程度だと対象外にはなりませんが、明らかに中の部品を交換したり直したりすると保証から外れます。例えばiPhone修理横浜の非正規店で部品交換をした場合、パーツが純正品ではないのでその後故障をして正規店に依頼すると変わっていたら分かる可能性は高いです。

純正品でない部品も、Appleが契約している組み立て工場がそれぞれ部品を製造しているメーカーから仕入れていて、非正規店でも部品とてしては同じということもあり得ます。ただ、Appleが契約している工場以外で組み立てているとロットナンバーなどが違うためそこからバレることもあります。品質が下がるわけではなくて、契約している会社で組み立ててないだけです。正規店が扱うものが純正品以外の部品だと、極めて良いものから品質が低いものまで色々あり低品質の部品を使っている店は避けたほうがいいです。

修理した部分が短期間ですぐに駄目になることもよくあって、この時に見極めるポイントに料金があり他と比べて安すぎる店だと低品質の部品を使っていることが多いです。非正規店ではメーカー保証から外れるデメリットを解消するため、同じぐらいの保証サービスを独自に提供してます。毎月定額料金を支払うことで加入中に壊れたときは、上限はありますが修理を無償で行ってくれます。このサービスも店によって異なり、損保会社と提携してパッケージ化させて独自に保証サービスを提供することで、メーカーの保証が受けられないデメリットをなくしてます。

店によっては保証がないところもあるため、利用するときは保証に関してもきちんとされているかの確認は重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *